任意売却をして不動産を上手に売却~ばいきゃ君~

Real estate

売却の活発化

Nice home

これまでに多くの地域で不動産売却が行われており無事に売却をする事ができた方は、たくさんのお金を手に入れています。通常の売却や買取とは違って、かなり高額なお金を手に入れられるので、色んな使い道を選べるメリットが出てきます。

詳細を確認する

安全に売却

Nice home

マンションを安全に売却したい場合は、買取業者に相談することが大切です。業者に相談することで、安全に売却することができますし、難しい手続きも業者側が行なってくれるので安心できます。

詳細を確認する

タイミングが重要

Nice home

土地の評価額などが上がっている。 円安で海外からの投資家が不動産を投資目的で購入していることも多く、軒並み不動産の価格も上がっている。 そのため、売却するタイミングには注意が必要だ。

詳細を確認する

不動産の処理

それぞれのメリットや問題点など

Nice home

任意売却という言葉をよく聞くようになりました。この言葉は競売とも似た言葉ですが、どこが違うのでしょうか。競売も任意売却も途中までの流れは同じです。どちらもお金を借りる債務者が自己の不動産に抵当権を付けてお金を借りたのはいいけどもお金が返せなくなった場合にその不動産をどう処理するかの違いです。通常は担保付の不動産を競売に出します。これにより競りで落とした人がその不動産の所有者になりますが、競売の欠点として売却価格が安くなることがたびたびあるのです。不動産の価格が安くなると債務者も負担が大きくなる上に、債権者にとってもその不動産から回収できる金額が少なくなってしまいます。そこで、任意売却というものを行います。

任意売却は、競売される前に債務者と債権者、そしてその中間に入る仲介業者の三者で話し合われます。その結果、建物を競売でなく任意売却で売ることで同意した場合は競売をする前に任意に売却をしてしまいます。わざわざ競売を避けて任意売却をするのは、任意売却をしたい方が不動産に付けられる価値が高くなるからです。つまり、競売で売るよりも高い価格で不動産を売ることが可能なのです。これにより、債権者も残額が少なくなる上に、債権者もその不動産からたくさんのお金を回収することが可能になります。ただ、この任意売却にはいくつか問題点があります。その一つ目に、債権者が複数いる場合です。この場合、すべての債権者に任意売却をする上での同意を受けなくてはならないのです。